NEWS

辻調グループからのお知らせ

ブログ

製菓・加納みどり先生、中本優作先生【令和元年度・大阪府職業能力開発促進大会】にて知事賞、協会会長賞を受賞

お知らせ

2019.12.16

和菓子担当・加納みどり先生(辻製菓専門学校)、洋菓子担当・中本優作先生(辻製菓専門学校)のお二人が、11月25日(月)に大阪市中央公会堂にて開催された【大阪府職業能力開発促進大会】において、下記の顕彰を受けました。

《大阪府知事賞》
加納みどり先生

《大阪府職業能力開発協会会長賞》
中本優作先生


加納みどり先生(写真左)と、中本優作先生(写真右)
加納みどり先生(写真左)と、中本優作先生(写真右)

本賞は、大阪府において、技能を尊重する社会を形成するため、優秀な技能者や職業能力開発・技能検定の推進に功績のあった方々を称える趣旨で制定されたものです。
お二人は平成30年度に、国家資格である「菓子製造技能士」試験1級に合格されました。この資格は菓子製造の技術だけではなく、その力を社会に示すことができる高いレベルの能力が必要とされるものです。日頃は教育者として活躍されながら、菓子職人としての技術も研鑽され続けたことが、大きく評価された結果と言えるでしょう。

加納先生が受賞された《大阪府知事賞》は、他業種も含めた技能検定の全合格者のうち、特に優秀な成績をおさめた20名のみに与えられる表彰です。
また、中本先生の《大阪府職業能力開発協会会長賞》は、それに次ぐ成績優秀者を称えるものです。
加納先生、中本先生、おめでとうございます!!

●加納みどり先生 受賞のコメント

和菓子1級技能士を受験するにあたり、正直に申し上げると、合格するであろうことには何の疑いも持っていなかったのですが(笑)、受験会場に数名卒業生がいたことが、私の心に火をつけるきっかけに! 教える側の立場としては、彼らより手早く、きれいな作業で、美しい製品を作らなければと...。おかげで知識面だけではなく、技能面においても良い成績をおさめることができました。
和菓子の道は、進めば進むほど面白くなります。私は携わって25年目になりますが、学びたいこと、挑戦したいことが尽きることはありません。もし和菓子に興味のある方がいらっしゃって、一歩踏み出してみようかなと思うなら、とても素敵な道だからおいでよ!と伝えたいです。

加納先生


●中本優作先生 受賞のコメント

この度は栄誉ある賞をいただき、大変うれしいです。辻製菓を卒業してから、ホテル業界を中心に現場で8年間働いてきましたが、実は菓子製造技能士という国家資格があることを知ったのは、辻調で働くようになってからのことでした。僕の年齢で、技能士1級資格を取得しているのは珍しく、辻調内でも最年少という点については、少し誇っていいかなと思います(笑)。受験への挑戦に、快く送り出してくれた諸先輩方に感謝いたします。
もともとお菓子の先生になるのが夢でしたが、一度現場で働いたのは、社会に出て視野を広げ、現場で得た知識と技術を身に着けてから、教える立場に就きたいと思っていたから。今は教員として、その時の経験だけに頼るのではなく、常に研鑽することを意識しています。今回の受賞により、技術教員としての能力が「見える形」として評価されたのは、この道を歩むうえで自信となります。少しずつ上達していく学生さんを見るのは、とても楽しいです。僕も学生に負けず、さらに技術を磨き、もっと良い先生になるため成長し続けたいです。

中本先生