OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

初めてのこしあん作り!!

和菓子

2016.06.14

辻製菓専門学校 和菓子実習室では初めてのこしあん作りが行われていました。

和菓子講習でたびたびお目見えしていた「こしあん」

今日はゆで小豆から作っていきますひらめき

まずは先生から説明が入ります。

みなさんしっかり聞いていますね目

しっかり湯がきあがった小豆の皮と中身に分けていく作業ぴかぴか(新しい)

熱いのを注意しながらさわって状態を確認します。

さらに細かくするために何度も水をかけながら漉していきます台風

しっかり絞って、生あんにしていきますひらめき

力いっぱい絞っていましたよわーい(嬉しい顔)

水分がとれた生あんの状態をみんなで確認目

まだまだこしあんになるまでの道のりは程遠いですねあせあせ(飛び散る汗)

生あんの状態が確認できたら、こしあんを作っていきます。

鍋に生あん、水、砂糖を加え、火にかけながら焦がさないようにしっかり水分を飛ばしながら炊いていきます。

なかなか熱いようで・・・ふらふら

「熱っexclamation×2」「焦げるあせあせ(飛び散る汗)」などあちこちから聞こえてきましたあせあせ(飛び散る汗)

出来上がった炊き立てのこしあんを試食わーい(嬉しい顔)

餡が苦手な子でも食べやすく粒あんより人気があるようで・・・

「美味しいぴかぴか(新しい)」とみんなパクパクと食べていましたかわいい

餡が出来れば、こしあんを使ったお菓子を作製していきますひらめき

今日は抹茶まんじゅうを作製ぴかぴか(新しい)

生地を練って、餡を包んでいきます。

先生のデモンストレーションぴかぴか(新しい)

手際よく生地の中に餡が包み込まれていきます。

では学生さん実践exclamation×2

上手く出来るかな目

包んだ生地はせいろに並べて、いざ蒸し器へぴかぴか(新しい)

約10分間蒸して・・・時計

完成ぴかぴか(新しい)

美味しそうですね~かわいい甘~い香りが漂っていましたムード

包装して完成exclamation×2

残った製品は試食します。

自分の包んだ抹茶まんじゅうが上手に包めているか、それぞれでチェックひらめき

もちろん食べてみて・・・

満面の笑みで「美味しいぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

和菓子の奥深さをあらためて感じさせられた実習でした。

次の実習も楽しみですぴかぴか(新しい)