OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

高度製菓理論~和菓子~

和菓子
製菓技術マネジメント学科

2017.09.16

辻製菓マネジメント学科2年生の和菓子理論が行われていましたexclamation

この理論ではこれから行う実習についての説明をしていますペン

何の製品について勉強しているのでしょうか・・・・?目

これはexclamation×2

どら焼きですねかわいい

どら焼きは1年生の時にも焼く工程で、熱いあせあせ(飛び散る汗)熱いあせあせ(飛び散る汗)と苦戦しながら実習していましたねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

2年生の実習では1年生の時より配合や作業工程を変えることで、食感や味わいの違いを勉強しますひらめき

柔らかい栗入り粒餡と求肥を挟んで仕上げですかわいい

そしてもう一品目

練切生地を作成し、『乱菊』と『唐錦』の成形をおこないます。

『乱菊』も1年生の時に三角棒と呼ばれる器具で筋を入れて作成しましたねるんるん

2年生になるとハサミで花びらを立体的にしていきます。

『唐錦』は赤、黄、緑の生地で餡を包み、ハンカチで絞って仕上げます。

どちらもすべての製品の形をそろえて作るのが難しい製品ですふらふら

これからの実習で、きれいな製品を仕上げられるようにしっかり授業を聞いて、実習に臨んでくださいねexclamation×2