OSAKA

辻調理師専門学校 調理

ブログ

放課後の自主練習「だし巻き玉子」!~日本料理だけを学ぶ辻調「新学科」のはなし21~

日本料理クリエイティブ経営学科
日本料理本科

2021.03.03

韓国語で読みたい方はこちら

今年の4月、辻調理師専門学校に2つの学科が新設されます!
内容はズバリ!日本料理だけを学ぶコースです。
学科名となる「日本料理本科」は1年制!「日本料理クリエィティブ経営学科」は2年制だよ。

※写真および内容は、新学科で実施予定の内容を、過去にエコール 辻 大阪で実施したものです。


今回は放課後の自主練習についてお話しします。

「授業後に残って練習する時間はありますか?」
実はオープンキャンパスに参加してくれた学生、保護者からよく質問される内容です。

授業が終わり、実習室では数名の学生が残り「だし巻き玉子」の練習をします。
平日は実習室を開放、学生は主に包丁研ぎ、桂むき、魚の三枚おろしの練習など行います。

先日、だし巻き玉子の実力評価を行いましたが、100点満点で合格できた学生はいませんでした。
「先生!悔しいです」「100点で合格したい!」と言う気持ちの表れだと思います。
悔しくて昨晩も自宅で練習した学生もいます。
今日は100点で合格するため卵を持参してきました。


昨日の実力評価と同じ採点表を使い行います。
実力評価の再チャレンジは「いつやる」とは決めていません。
各自で練習して自信がついたときに先生に声をかけ
「明日再チャレンジします!見てください」となります。 


まずは卵を割り、合わせだしと合わせます。「シャカシャカ~」
ここで混ぜすぎると卵のコシがなくなり卵のフワっと感が半減します。


積極的に「では僕から行きます」!どうぞどうぞという感じでスタート
オッ、今日は気合が違うな!という表情でクラスメイトが見つめます。


続々と再チャレンジ!採点する先生も真剣です。




学生それぞれ、できている点、できていない点は様々ですが100点まであと少し!
といった感じです。


ダメなら、何度でもチャレンジしてきます。
チャレンジすることは良いことですが、やればやるほど上手くなるということではありません。
できていない点をどうすれば改善できるかを考えないと100点への近道とはなりません。


持参した卵もそろそろ底をつきます。本日最後のトライです!


結果、今回も100点を獲得できた学生はいませんでした。
卒業までまだ時間はあります。
焦らずできてない点をどうすれば良くなるか先生にじっくり聞いてみよう。



さあ、あとは片付けして帰ろう。
「今日はバイトもないし家でゲームします」「次は100点狙いますよ」待っているぞ!


時間も18:00となります。お疲れ様でした。

※写真および内容は、新学科で実施予定の内容を、過去にエコール 辻 大阪で実施したものです。