OSAKA

辻調理師専門学校

ブログ

中国料理はダイナミック

在校生ブログ
調理師本科・キャリアクラス

2015.05.11

調理師本科のRiです。

 
西洋料理、日本料理、中国料理と
それぞれの調理実習
すでに本格的にスタートしています。
中国料理では
叉焼焼飯や、酸菜肉片などを実習しました。

 
特に焼飯は、中国料理の基礎となる
大切な工程が色々と盛り込まれています。

 
中国料理といえば
素早い鍋さばき。
大きな中国包丁。
火力の強さ。
いずれもダイナミックですよね。

 

男子学生達の鍋を持つ手は
見ていてかなり力強い感じ。
重たい中華鍋を持つ手に
安定感があります。

 

自分のできなさ加減に笑えてきますが
恐れずに質問すると
先生方は丁寧に教えてくださいます。
愛あるご指導
身にしみてありがたいです。

 

重たい鍋を片手に作った料理達

 

 


散々、材料をこぼし
汗だくになりながらも何とか完成。
やっぱり食べる時は一番楽しい!

 
お互いの作ったものを試食しあったり
先生の作ったものと比較したり
皆で意見交換したりして
色々と考察しました。
先生によると、この「考察」がとても大切な作業なのだそうです。

 
忘れないうちに
色んなこと、メモしておこう!

 

 
☆プロフィール☆
調理師本科 Riです。
約25年ぶりの学生生活を
満喫しています。
現在、日本の食文化に
興味を持っています。