OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

暑さ(熱さ)に負けずに頑張ってます!

和菓子
製菓技術マネジメント学科

2017.07.03

梅雨に入り、湿度が上がって蒸し暑くなってきましたねもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

辻製菓専門学校マネジメント学科1年生は暑さ晴れになんて負けずに元気いっぱい登校して来ましたよムード

おはようございます!今日も暑い~晴れと先生方とご挨拶わーい(嬉しい顔)

HRに遅刻している人はいませんよね??

製菓別館の和菓子実習では学生さんが熱さあせあせ(飛び散る汗)に負けずに実習を頑張っていたので覗いてみました目

今日の実習の製品は、、、

鮎焼き   初夏といえばexclamation鮎の季節ですねかわいい6月頃から和菓子屋さんでもよく販売されてるお菓子です。

鮎焼きは平鍋(一文字鍋)と呼ばれる器具を使用して焼成します。

平鍋に生地を楕円形に流して、、、

表面が焼けたら裏もあっさり焼きます。

手でひっくり返して・・・「熱っ・・・熱っもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

求肥をのせて、、、

たたんで、、、

焼印で顔と尾を焼いたら完成~ハートたち(複数ハート)

みんなやけどに気を付けながら頑張って実習していましたexclamation


そしてもう一品、、、目

きんとん(緑陰) よく茶席菓子として用いられるきんとんです。 
『緑陰』 というのは菓名(製品の名前)です。柚ジャムを使用しているので爽やかな風味です。

『緑陰』・・・夏の季語として用いられる。夏の青々と葉の茂った木の木陰を指す。

粒餡に柚風味のそぼろの餡をまるーくつけていきます。

バランスよくそぼろをつけるのが難しそうふらふら

完成~るんるん

どちらの製品も夏を感じるお菓子ですねぴかぴか(新しい)

これからどんどん気温が上がっていきますが、季節のお菓子や柑橘風味の爽やかな和菓子を食べて夏バテしないように気を付けて過ごしていきましょうグッド(上向き矢印)