OSAKA

水無月

キャンパスライフ
和菓子

2018.06.20

みなさんこんにちはぴかぴか(新しい)

6月に入り、日中は気温の高い日は増えてきましたねがく〜(落胆した顔)

朝晩との気温差もあり、体調を崩してはいませんか??

これから本格的な夏がやってきますあせあせ(飛び散る汗)体調をしっかり整えて元気に過ごしましょうるんるん

さて、みなさんは水無月というお菓子はご存じですか?

水無月とは6月に京都で行われる、『夏越しの祓え(なごしのはらえ)』に欠かせないお菓子です。6月に入ると多くの和菓子屋さんで販売されます。


『夏越しの祓え』とは、新しい年より半年を過ごし、体にたまった穢れを祓い、清め、新たな気持ちで残りの半年を過ごしましょうexclamationという行事の事ですぴかぴか(新しい)

浅茅(あさぢ)で作った大きな輪をくぐり、罪や穢れを祓う「茅の輪(ちのわ)くぐり」や、人間の形をした紙である人形(ひとがた)で身体をなでて清め、水に流したり海水に入り、身を清めたりして罪や穢れを祓う禊などが行事が行われます。

水無月の赤には魔除けの意味があるところから邪気払いとして小豆を散らし、三角形は氷室の氷を象っており、特に6月の晦日(最後の日)によく食べられます。

今年ももうすぐ半年が過ぎようとしています。

みなさんも水無月を食べて半年分の穢れを祓い清め、新たな気持ちで残りの半年を過ごしてみてはいかがでしょうかわーい(嬉しい顔)