OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

辻製菓専門学校の職業実践専門課程!

洋菓子
製菓技術マネジメント学科

2022.02.02

製菓技術マネジメント学科は「職業実践専門課程」に認定されています。

※職業実践専門課程とは・・・
企業その他関係機関との連携の下、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的とし、文部科学大臣に認定された課程。

今回の製菓総合クラスの洋菓子実習の授業では、普段はお店でパティシエとしてのお仕事をされているシェフにお越しいただき、実習指導をしていただきました。


堺市 ル・グラン・シャリオ 伏木シェフ



宝塚市 お菓子のお店 Kazu 山本シェフ、白川さん 

学校で学んだ方法とはまた違った、店での作業方法を学んだり、
長年お店でお菓子を作られているシェフから、焼成についての考え方を学んだり。
お菓子のお店kazuからは、現場に出た時の不安が少しでも無くなるようにと、卒業生である従業員の方も来てくださいました。

あと3か月で現場で働く学生たち。
実際に働くイメージができたでしょうか?

今回実習で作った製品は、ガレット・デ・ロワと、ガトー・フランボワーズ。

ガレット・デ・ロワは、1/6 公現祭の日に食べるパイ菓子です。
クリームの中には、フェーブと呼ばれる、陶器のお人形も隠れています。
「入れ忘れが無いようにね~!」と、言ったそばから、「あー!!先生、入れ忘れました!」と、叫ぶ声が・・・。
みんな、シェフが来られているから、緊張しているのでしょうか??


表面には、各自で考えた模様を入れ焼成。
模様の深さによっても、焼成後の出来が変わってきます。
慎重に、でも手早く!



そうして、焼きあがった製品がこちら!
イメージしていた通りに出来ましたか?



ガトー・フランボワーズは、ピスタチオ風味の生地と、ラズベリー風味のクリームを交互に重ねたお菓子。
真っすぐに組み上げをして、まっすぐにカットする。
そんな簡単そうに聞こえる事が、実はとてもむつかしいんです。


洋菓子実習は、あと3回。
2年間の学校生活も、あと少しですよー。

お店紹介
ル・グラン・シャリオ/Le Grand Chariot (le-grand-chariot.co.jp)
お菓子のお店 Kazu(宝塚) (nau-now.com)

~プロフィール~
辻製菓専門学校 洋菓子担当
戸髙 美樹
洋菓子の担当ですが、おいしいパンを求めてよく食べ歩きをしています。
スパイスカレーも大好きです。