tsuji 辻調グループ 学校案内サイト

GLOBAL SITE

辻製菓マスターカレッジ2019/12/14

もうすぐクリスマス!シュトレンを作ろう(*'ω'*)

こんにちは!

12月になり、街は一気にクリスマスムードになりましたね。

皆さんはシュトレンという食べ物をご存知ですか?
シュトレンとはドイツでクリスマス時期に食べられる
ドライフルーツのいっぱい入った伝統的な発酵菓子のことです。

バターとお砂糖をたくさん使って作った贅沢な食べ物で、
クリスマスまでの4週間、薄くスライスして少しづつ食べるという習慣があります。

先日実習でもシュトレンを作りました。
その様子を見てみましょう!

まずは生地を練るところから。
下ごしらえとして、アンザッツと呼ばれる発酵生地を練ります。



次に本ごねです。
小麦粉にバターと砂糖と卵を混ぜたもの、塩、スパイス、そしてアンザッツを入れてよく練ります。
最後にラム酒漬けのドライフルーツとナッツをこれでもか!と言いたくなるくらい入れます(笑)


惜しげもなくドライフルーツとナッツを入れること。
これがおいしさの秘密!

そして成形です。



麺棒で生地を伸ばしたら、両サイドから中央に向かって折って重ねます。

この形がシュトレンの特徴の一つでもあります。
シュトレンの形は、産着をきた幼子イエスをイメージしているといわれています。


成形できたらバターを表面に塗ってオーブンで焼成しましょう!

オーブンで焼くことじっくり一時間。
いいにおいがしてきました。
焼き上がりのようです。
焼きあがったら、さらに表面にバターを塗って染み込ませます。



そしてバニラシュガーをたっぷりまぶしつけましょう。

このまま一晩おいてなじませて、翌日粉砂糖をふって仕上げます。

すぐに食べたいところですが、食べごろは2週間後くらい。
じっくり寝かせて、なじませて、おいしくなったところをいただきましょう。

ドイツ伝統のシュトレン、皆さんもいかがですか?