tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

辻調グループフランス校ブログ

川口 大統さん:製菓2018年秋コース

川口 大統(KAWAGUCHI Masanori)
2018年秋コース エスコフィエ校 製菓研究課程
出身高校 埼玉県 細田学園高等学校 食物科
辻調グループ出身校 エコール 辻 東京 辻製菓マスターカレッジ(フランス校進学コース)

「自分で考える」フランス校の授業
パティシエは子供の頃からの夢で、テレビで見たお菓子の本場フランスにあこがれフランス留学を決意しました。その中で辻調グループのフランス校があることを知り進学を決めました。フランス校に来て感じたことは日本の学校に比べると圧倒的に「自分で考える」ということが多いです。生地の状態、製品を提供する時間、焼成時間など、求められることは多くてそして高度です。また迷った時にはフランス語でフランス人の先生に相談しなければなりません。たくさんの作業量の中でより良い選択をできるように常に心がけています。

「前回できなかったことができるようになる喜び」
フランス校の授業は製菓(調理)実習、サービス、クリヨン(お客様役)と毎日自分が担当するものが変わり、忙しいですが前回できなかったことが次の回でできるようになっていたりと、日々成長と驚きがあり、とても勉強になりますし、楽しいです。


外来講師のアシスタントもしました

「自分の価値を大切にするフランス人」
フランスに来て最初に驚いたのはストライキの多さです。交通機関のストライキは日常茶飯事、それでも生活はうまく回っています。そしてお店は毎日24時間営業している、というようなものはまずないです。しかしこれは自分の価値を大切にする、というフランス人の魅力の一つだと自分は思います。その一方で朝の7時からマルシェ(市場)がやっていたりと、フランス人は朝からとても活動的です。

「休日やヴァカンスは食べ歩き」
ヴァカンスはシュトゥットガルトやミュンヘン(ドイツ)、ウイーン(オーストリア)、パリ、モンサンミッシェルに行きました。行く先々でたくさんのお菓子を見てその地方の特色などを体感できるとてもよい旅でした。
休日はパリに行って食べ歩きをすることが多いです。パリには本当にたくさんのパティスリーやブランジュリーがあります。印象に残っているのはパリ最古のパティスリーと言われる「ストレー」のシュトーレンです。日本にいる頃から行きたかったお店の一つで翌日もまた買いに行きました(笑)。



友達といろいろなところに出かけました!

「研修先はアヌシーのパティスリ-」
研修先は「パティスリー フィリップ リゴロ」というお店に決定しました。このパティスリーはアヌシーという町にあり、夏は避暑地として、冬はスキーリゾートとして人気の観光都市です。不安は正直ありません。今までフランス校で習ってきたことを自分がどう発揮できるか楽しみです。

「フランス校進学を考えている、迷っている皆さんへ」
フランス校生活を五か月間体験してわかったことは、自分自身がどう努力するかで未来が変わるということです。フランス校生活でかけがえのないものを手にすることができました。


今期最優秀賞をいただきました

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント