OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

ドイツ・ウィーンのクリスマス☆

洋菓子
製菓衛生師本科

2017.12.18

みなさん、こんにちはわーい(嬉しい顔)

今回は辻製菓専門学校の

製菓衛生師本科(1年制)の洋菓子講習の様子をお届けしますぴかぴか(新しい)

12月・・・そう!クリスマスクリスマスですねぴかぴか(新しい)

理論の内容も季節に合わせ、クリスマス特集です!

今回はドイツ、ウィーンのクリスマスをテーマとして4品紹介されましたぴかぴか(新しい)

レープクーヘン (古くからある香辛料たっぷりのクッキー)

シュペクラーツィウス (香辛料のきいた聖人形クッキー)

ツァルテ・ツィムトシュテルネ (シナモン風味の星形クッキー)

ヴァニレキプファルン (たっぷりバニラの三日月形クッキー)

の4品ですハートたち(複数ハート)

まずはレープクーヘンぴかぴか(新しい)

レープクーヘンの生地は

粉にはちみつ、砂糖、少量の水を加えて練ります!

そのあと、なんとどんっ(衝撃)約1年間、涼しいところで寝かせますexclamation×2

この生地は、来年のため。

本場では、このように長く寝かせるものがあります。

その間、生地の中で『酵素活性化』をさせますひらめき

焼く前に香辛料と炭酸アンモニウムなどの薬品をいれますぴかぴか(新しい)

クリスマスツリークリスマスに飾られたり

お菓子の家を作ったりしますかわいい

実際にドイツ、ウィーンでは家ごと販売されているそうですよムード(要予約らしい・・・)

次に、シュペクラーツィウスぴかぴか(新しい)

聖人などの形が堀ってある木型に

香辛料がきいた生地を入れ込んで型取りしますひらめき

次に、ツァルテツィムトシュテルネぴかぴか(新しい)

シナモン風味の生地を星形に抜いて焼きますひらめき

ヴァイナハツテラー(クリスマスの皿盛りクッキー)の中には必ず入ってるんですよ~るんるん

次は、ヴァニレキプファルンぴかぴか(新しい)

バニラたっぷり入った生地を三日月形に成形して焼きます!

焼き上がりにバニラシュガーをまぶして仕上げますひらめき

どうして三日月形かというと・・・

トルコの紋章が三日月形をしているのですが、

ウィーンは、トルコ軍との戦いのときに三日月形をしたパンやお菓子を

食べてゲン担ぎをしていたそうひらめき

「にっくきトルコ軍を食べてしまえ~」とでも思ったのでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

名前の由来が面白いですねわーい(嬉しい顔)

講習の写真取りディスプレイですかわいい

製菓A棟のロビーにおっきなクリスマスツリーがありますクリスマス

オーナメントも飾られていますが、レープクーヘンもたくさん飾ってありますわーい(嬉しい顔)

通られた際じっくり見てみてください~揺れるハート

以上、ドイツ・ウィーンのクリスマス特集でしたるんるん