OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

初めてのショートケーキ

洋菓子
製菓衛生師本科

2020.07.22

学校が再開し約1か月が経ちます。
学生もやっと学校生活にも慣れて、充実した日々を過ごしています。

今回は、辻製菓専門学校製菓衛生師本科の洋菓子実習で、
初めて作成するショートケーキ回の様子をお伝えします。

学生にとっては初めての共立てのスポンジ生地作成をしました。
泡立て、混ぜ方、焼成、焼き上がり確認など覚えることが沢山あります。


自分で作成したスポンジ生地を使い、今回はみかんのショートケーキを作成していきます。
まず初めにスポンジ生地のスライスからしていきます。
先生に包丁の持ち方、扱い方を教えてもらいます。

実際に1台分をカット(スライス)していきます。

その後は、生クリームの扱いや、固さの調整です。
中にサンドするクリーム、表面に覆うクリーム(ナぺ)、絞るクリーム、
すべて固さが違いので、実際に手で泡立て固さの確認をしていきます。

では実際に組み上げをしていきます。



次は全体を少し柔らかい生クリームで覆っていきます。(ナぺ)

やっとナぺの完成です。上に練習してきたロザスを絞ります。

表面にみかんを飾りショートケーキの完成です。

ショートケーキを初めて作成したので難しい事が一杯でした。
まだまだ課題は多いですが、初めのショートケーキ作成にしては全員上手にできました。
最後に班で反省会をして今日の学んだ事や次回への改善点やわからない事などを先生に相談し実習終了です。

実習では年間を通して多くのショートケーキを作成していきます。
バタークリームでも練習を重ね、今回よりも、より美味しい綺麗なショートケーキの完成目指し頑張っていきますので、
今後ブログで成長した学生作のショートケーキを紹介していきますので楽しみにしていて下さい。