OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

後期の授業がはじまりました!

製パン
製菓衛生師本科

2020.10.13

前期の筆記試験、実技試験も終わり後期の授業が始まりました。

後期1回目の製パン実習は、あんパンとクッキーパンです。

今日の授業で、特に重要なテクニックは包あんです。
パン屋さんの包あんとは、アンベラを使ってパン生地の中にあんこを入れることです。
まずは、先生の見本から。

さあ、みんなもやってみよう。



始めての包あんは難しいかな?自分の指だけど自分の意思とは違う動きに、、、。
でも、うまく出来なくても大丈夫。先生に直接教えてもらえます。
包あんは、パン屋さんにとって必要不可欠なテクニックなので、後期の実技試験で実施予定です。

最終発酵させてふくらませた生地は、つや出しに卵をぬって、定番のけしの実をトッピング。

クッキーパンは焼く前にクッキー生地を絞ります。

あんパンの焼き色はちょっと濃いけど、初めてにしては両方ともきれいに出来ましたね!

班替えをして、新しいグループでの実習だったけど、
みんなでコミュニケーションをしっかりとって、とても良い実習でした。

次回の実習は、あんパンとメロンパンです。今日よりも良いパンを作りましょう!