OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

はじめての製菓理論

和菓子

2015.04.23

辻製菓専門学校製菓衛生師本科の最初の製菓理論の様子です。

「製菓理論」は先生が実際にお菓子を作りながら、工程のポイントを解説する授業。

生まれた背景や歴史、生地やクリーム、餡の状態、材料を混ぜるタイミングなど、お菓子の世界の理解する講習です。

今回は和菓子の製菓理論和菓子では「もち米」をテーマにしたものを学びました。

メニューは

桜餅(関西風)

いちご大福

おはぎ

の3種類を学びますひらめき

初めて見る材料について、真剣にノートをとったり

休み時間には、先生の手元を見に近くに集まったり・・・・・・

先生のあざやかな作業に皆目がキラキラぴかぴか(新しい)

盛り付けの写真を取って大切な資料にしたり、最後には出来立てのお菓子を試食します。

「生地がモチモチ、柔らかくて美味しいハートたち(複数ハート)

その感想、しっかり覚えておいてくださいねわーい(嬉しい顔)