OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

和菓子クラス 創作 実習 その1

和菓子
製菓技術マネジメント学科

2020.10.28

辻製菓専門学校で和菓子を担当しています。
和菓子クラスは2日間連続で実習があり、
製品制作と次回実習の仕込み、個人練習と深く学びます。

今回は後期授業の一部を、紹介していきます!

今回の実習はホイル焼き・どら焼き どんな創作どら焼きが出来上がるか楽しみですね。

入室したら実習準備計量から始めます。
事前にお菓子をつくる工程や次の実習の仕込みや練習などを考え、
皆で協力し実習の流れをつくっていきます。


朝の朝礼で今日の実習の流れや注意点などの確認をします。
まずは各班、餡炊きから始めます、その間に計量・準備!

今日の実習は創作どら焼の試作は生地と餡の美味しい組み合わせ、生地はどのような生地にしたいのか!
しっとり・ふわふわ・しっかりなど卵・砂糖・薄力粉の配合を変えながら試作をして決めていきます。
生地は、黒ごま・コーヒー・ヨーグルト・ほうじ茶・ウーロン茶など様々な生地を焼いていきます。

こちらの班はホイル焼きから包んでいます、金属のへらを上手に使い包みホイルの上に。







包み終わればオーブンに、ホイルて包んで焼きますが、焼き色が見えないので、
途中で確認、焼きむらが無いようにをひっくり返しながら焼きます。

どら焼きを見てみましょう。

各班、進んでいますね、ホイル焼きはどうなったのかな?
中身の焼き加減を確認し、オーブンから出します。

後は今日のお菓子を包装して、明日の実習に向けての反省と
創作どら焼きの改善点を話し合い、今日の実習が終わりになります。

・・・・・つづく。