OSAKA

実習!実習!実習!

洋菓子
製菓技術マネジメント学科

2020.07.13

オンライン授業が終わって、7月からやっと全員が同時に登校できるようになりました!

製菓技術マネジメント学科2年生は、例年と違って約4か月のブランクを経て、実習に取り組んでいます。
そんなパティシエクラスの学生の5回目の実習内容は・・

なんと、クロカンブッシュ!!
シュー生地を使用した、フランスのウェディングケーキです。
まずは土台。アーモンド入りのヌガーで作って、丁寧にパイピングをします。

小さいシュー生地にはアメをつけ、円錐形に。中にはちゃんとクリームが詰まっているんですよ。

そして完成品が、こちら!!



1日で作成したので小さめサイズですが、パイピングもとっても綺麗ですよね~。
でも!この数分後には、ぱちぱちはさみでカットして、試食されてしまいました。

数時間の命・・・。

そしてこちらは、総合クラス3回目の洋菓子実習。
シュー・ア・ラ・クレーム・シャンティ・オ・キャラメル(長っ!)とルレ・オ・フリュイです。


シュー生地は、1年次とは違って配合を変えて2種類作りました。
生地に牛乳が入るだけで、焼き色つき方が全く違う!!
その生地をどう焼くか、考えながら実習をします。
生クリームの中には、好みの苦みになるよう各テーブルで作成したキャラメルソースをin!
キャラメル量に決まりはないので、何gが適切か、それを考えるのも勉強です。


ルレ・オ・フリュイの生地も、粉砂糖をふって焼いたり、ふらずに焼いたり。
たったそれだけのことで、生地の膨らみ方も違うんです。
巻いた時の太さも変わってきます。

2年次は、指定されたお菓子をただ時間内で作るだけでなく、どのような菓子を作りたいか?
そのためにはどうしたらよいか?ということをより考える時間が増えてきます。
1年後の成長が楽しみですね。