OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

最近のブーランジェクラス

製パン
製菓技術マネジメント学科

2020.11.06

めっきり涼しくなり、秋を通り過ぎているように感じますね。
11月にも入り、ブーランジェクラスの実習回数も33回目となり実習回数の半分を過ぎました。




10月には自由課題で自分の考えた配合で製品を作ってみよう!!
とチャレンジし、いろいろな製品が焼きあがってきました。



この葉っぱの形をしたあんパンは生地に抹茶を練りこんで、
餡の中には食感と風味を増すためにたくさんのローストしたアーモンドスライスが混ざっています。



抹茶の色を台無しにしないように、焼く時間と温度に注意して
ふんわりしっとりとしたあんパンが焼きあがっていました。


チャレンジした自由課題の製品をイメージ通りに改良するために、もう一度チャレンジしました。
もっとふわっとさせるためには...もっと折り込みの層がはっきりするためには...。
配合をいじったり、工程をいじったり、温度管理を変更したり。
2回目に出来上がってきた製品が必ずしもうまくいかないケースもありますが、
大切なことは自分のイメージ通りのパンを作るために、
どんな配合で、どんな製法で、どんなことに注意して作るかいっぱい考えることなんです。

考えたことが全て製品の改善につながるとも限らないし、
一生懸命考えたからといって美味しい製品ができるとも限らないのです。

でも、そういった経験や考えたことによってより、自分のイメージするパン作りができるようになってきます。
この自由課題で考えたことや経験はいつものパン作りにとっても活きてきます。



配合比率の違う3種類のライ麦パンを比較して食べてみたり、
より多くのパンを勉強し、考え方の引き出しを日々増やしています。