OSAKA

成長!和菓子実習!

和菓子
製菓技術マネジメント学科

2020.11.24

皆さんこんにちは。
今回は辻製菓専門学校製菓技術マネジメント学科1年生の、
後期和菓子製菓実習の様子をお届けします。


今回の実習製品は「柚子上用饅頭」とこなしの「寒椿」です。
どちらも美味しい状態に作るのはもちろん、形の完成度も問われる、
1年生にはなかなか難しい技術を要するお菓子です!

まずは柚子上用の作成工程をチェック!



餡には柚子ジャムを入れて炊き上げ、生地の捏ね方から包餡。そして成形。
和菓子のすべてが詰まっているといっても過言ではない製品です!
なかなか上手に仕上がりました♪ほのかな柚子の香りが実習室にひろがります。

そしてこなしの寒椿。
こなしとは、餡に薄力粉などを加えて蒸し、
色々な形に成形することができるお茶席の代表的なお菓子です。
味はもちろん、見た目も大事なので色彩感覚も問われるお菓子です。


生地が蒸しあがればシロップをつけながらもみ混ぜ、着色しながら美味しいかたさに調整します。
このあたりが実際に実習で触ってみないとわからない部分で意外と難しいんですよ。



基礎的な作業が多かった前期を土台に、後期はより高度な内容が多くなります。
難易度は上がって行きますが、少しづつステップアップするカリキュラムになっていますので、
職員が想像する以上の仕上がりになる学生もちらほら。
学生たちの成長を感じる日々です♪