OSAKA

辻調理師専門学校

ブログ

西洋料理 ラスト理論

授業
調理師本科・キャリアクラス
調理師本科・調理クラス

2020.03.02

こんにちは!

今日の西洋理論は調理師本科1年生の最後の授業でした!!!
テーマはジビエ料理です。

みなさんジビエって聞いたことありますか?

ジビエ(フランス語 gibier)とは、銃や罠を使って狩猟した野生動物のことです。
特に料理では、食用にする猟鳥獣・野禽獣のことと、その肉のことを言います。

代表的なジビエの種類は、
猟鳥・・・マガモ(colvert、コルヴェール、真鴨)
     アヒル(canard、カナール)
     キジ(faisan、フザン) などなど
猟獣・・・野ウサギ(lièvre、リエーヴル)
     シカ(chevreuil、シュヴルイユ)
     イノシシ(sanglier、サングリエ) などなど

そして!!!!今日は鹿ロース肉を使って料理を1品作りました。

*鹿肉のグラン・ヴヌール風Chevreuil grand veneur(シュヴルイユ グラン ヴヌール)

グラン・ヴヌールとは、、、狩猟頭(中世の役職)
という意味があるそうです!!


ジビエの肉というのはイメージとして
独特のにおいがあったり、固かったりするものがあります。
そこで今日の料理ではマリネ(漬け込み)をして
臭みをやわらげていました。

そして完成した料理がこちら!!!!!



*鹿肉のグラン・ヴヌール風Chevreuil grand veneur(シュヴルイユ グラン ヴヌール)


1年間でさまざまな食材を調理理論、実習を通して見てきました。
どの料理も食材・調理法が違い、常に新しい知識を学ぶので、
どんなことにも興味を持ち、勉強することが大切です。

最初は何も知らないところから始まった1年前。
それが1年経てば、食材、調理法など様々な勉強をし
料理の楽しさもたくさん知ることができます。
学校で得た知識・経験を生かして、活躍する学生が楽しみです!

辻調理師専門学校 西洋料理 森 祐貴