tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

辻調グループフランス校ブログ

村田 義武さん「Patisserie Rechercher」(ルシェルシェ)

2011.121portrait.JPG
村田 義武さん
Murata Yoshitake

辻製菓専門学校 1996年3月卒業
シャトー・ド・レクレール 製菓研究課程 1996年秋コース 卒業
研修先: プラリュ(ロアンヌ)

店名:Pâtisserie Rechercher(ルシェルシェ) オーナーシェフ
URL:http://rechercher34.jugem.jp/
大阪府大阪市西区南堀江4-5-B101
℡06-6535-0870

『お菓子は人あってこそのお菓子。全て人間性に通じます』

大阪市内の西を縦断する大通りから少し外れた比較的静かな通り。
そこに、公園の斜め向かいに佇むひと際エレガントでお洒落なお店があります。
今年1月にオープンしたばかりの村田義武シェフのお店 『パティスリー ルシェルシェ』 です。
オープンまもなくからすぐにその噂は広まり、あっという間に大阪を代表するパティスリーの一つと
呼ばれるようになりました。今ではメディア・雑誌に引っ張りだこです。


1996年に辻製菓専門学校を卒業した村田さんは、
その後辻調グループフランス校に進学。
研修先はシャトー・ド・レクレールと同じローヌ・アルプ県にある
「プラリュ」というお店で、本場のお菓子を学びました。
帰国後は大阪・上本町にある有名店「なかたに亭」で13年間修業を積まれ、
この2011年1月にご自身の人生プランより1年早く、
大阪の南堀江というお洒落な街に独立、開業されました。

ショーケースに並ぶ村田さんのお菓子はどれも宝石のようで、
それらを接客担当である奥様が大切に大切に扱います。
クラシックなフランス菓子がお好きだという村田さん、
そんな今旬のオーナーシェフにフランス校時代や開業についてお話を伺いました。

2011.122magasin.JPG 2011.123magasin.JPG
お店の入口と道路沿いの外観

開業するに至った経緯と苦心されたこと
『35才で独立』を目標に頑張ってきましたが、
自分の菓子に対する思いと意欲が抑えきれず、一年早く独立することが出来ました。
苦心したことは色々ありすぎて・・・。
今でも沢山ありますが、一番は何だったか?と言われると、やはり場所でしょうか。

お店のコンセプトと名前の由来
これまで想ってきた、また感じてきたフランス菓子を"自分"という
フィルターを通して作っていきたい、と考えていました。
Rechercher(ルシェルシェ)という言葉はフランス語で「探求」を意味します。
味や素材を探求するだけに留まらず、お菓子以外の事でも色んな意味で
勉強していきたいと思い、これを店名にしました。

2011.124interieur.JPG 2011.125interieur.JPG
店内は黒とピンクがアクセントになった、可愛らしくとても上品な雰囲気です

2011.126sac.JPG
お店のロゴはフランス伝統菓子である「サントノレ」がモチーフ

パティシエとしてやりがいを最も感じられること
お菓子を通して人とのつながりが出来たことです。
お客さんの喜びや幸せな気持ちが、そのまま私たちの糧になります。

仕事で常に心掛けていることやパティシエとして大切だと思うこと
お菓子は人あってのお菓子、人あっての歴史だと思っています。全ては人間性に通じます。
人間を磨くことで良いお菓子が生まれ、それらがいつの時代にも残るのだと思います。
ですので、毎日心がけていることは"人"そのものです。

2011.127showcase.JPG 2011.128showcase.JPG
ショーウィンドウには、どれも個性的で本当においしそうなお菓子が並んでいます

フランス校で得たもの
フランス菓子のパティシエは異国の文化を表現する仕事なので、
何事にも全力でやらなければいけません。
中途半端な気持ちでは取り組めないとつくづく思います。
そんな気持ちを持てるようになったのは、フランス校に行ったおかげかもしれません。

卒業して思うフランス校・スタージュの一番の魅力は?
フランスで生活しているんだな~、と毎日のように実感していました。
フランス人とより近づけることも大きな魅力の一つです。

2011.129chateau.jpg 2011.1210vacances.jpg
シャトーの仲間たちと一緒に          ヴァカンス中に行った旅行先で友人たちと

フランス校・スタージュ(実地研修)において印象に残っているエピソード
スタージュ先で仲の良かったフランス人のセリーヌ君が、
いつも僕のためにルリジューズを一つ多く作ってくれて、毎朝それを喜んで食べていました。
今のお店にルリジューズがあるのもそんな思いからだと思います。

2011.1211stage'.jpg 2011.1212religieuse'.JPG
スタージュ先のスタッフと共に         ルシェルシェのルリジューズ

フランス校に進学する学生へのメッセージ
何事も貪欲にならないと、日本にいる時と何も変わらないと思います。
何かをするからこそ何かが生まれるのであって、
何もしない一年よりはより多く何かをする一年の方が絶対にいい。
ぜひ「飢えた一年」を過ごしてほしいと思います。
そして何よりも、"楽しむこと"が一番だと思いますよ!


2011.1213madame.JPG
接客をご担当の奥様(泳津子さん) は製菓学校時代の同級生
「もう一人の接客スタッフも辻製菓の卒業生です(三木梢さん/
2004年辻製菓専門学校卒)。実はうち全員辻製菓出身なんですよ(笑)」
と、うれしいお言葉!みんな頑張ってくれているようです。

2011.1214staffs.JPG
とっても仲が良いルシェルシェスタッフ
左 :西村 浩和さん(2007年辻製菓専門学校卒)
中央:村田シェフ
右 :齊藤 由希さん(2009年辻製菓専門学校卒)

資料請求

オープンキャンパス

出張相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント