OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

高度製菓理論 ~パティシエクラスではどんな授業を?~

製菓技術マネジメント学科

2022.04.27

2022年度も始まりました!
今日は辻製菓専門学校、製菓技術マネジメント学科のパティシエクラスの1回目と2回目の授業を紹介します!

まず、製菓技術マネジメント学科のパティシエクラスってどんなクラスなのか!?
製菓技術マネジメント学科とは2年制の学科で、2年生に進級するときに、将来の自分の目標にあったジャンルのクラスに分かれます。
パティシエクラスは洋菓子だけを学ぶクラスになります。
(2023年4月入学の方に向けては「洋菓子マスタークラス」と名称が変わります)
これからの1年間は実習も製菓理論も洋菓子漬けです!!

さぁ、どんな複雑なお菓子を勉強しているのかと製菓理論の様子をのぞきに行ってみたら...

なんとふらふら!!!

スポンジ生地だけを何種類も作成し、食べ比べをしていました。

違いを感じたり、考えながらの試食は真剣そのものです。
写真を撮ったり、目で見た状態、食べた時の食感の違いなど、細かく記録していきます。

スポンジ生地は1年生の時に習って実習でも作っていましたが、
パティシエクラスでは各材料の役割を考えたり、条件を変えて作ってみたらどうなるか、など、
細かく分解して考えていきます。


そうすることで、「お菓子が作れる」から、「お菓子を創り上げていく」に変わっていくのです。

今後、パティシエクラスではオリジナルレシピのショートケーキやタルトを作ります。
どの材料を使えば自分好みの製品が出来るのか、それを考えるきっかけになる授業でした。
これからの授業も楽しみですね♪

~プロフィール~
辻製菓専門学校 洋菓子担当
鈴木 麻紀

東京生まれ福岡育ち、でも両親は山形出身。
というどこが故郷なのか何とも判別しにくい私ですが、今となっては大阪での生活が一番長くなりました。
大阪大好き!美味しいもの大好き!テニスも大好き!
そして猫ラブ黒ハート←アルコール大好きが抜けてるよと周りに突っ込まれていますが無視無視ww

2匹のかわいい猫達(=^・^=)と暮らしています~。