MEDIA

最新メディア情報

"グレーテル"のスタジオから【イタリア 小さな村のカバルッチ】

グレーテルのかまど
テレビ

2021.12.21

12月20日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。

グレーテルが残したメッセージは
「今年は馬!」



今宵ひもとくのは、「イタリア 小さな村のカバルッチ」です。

ぶどうの栽培が盛んなイタリア中部チンゴリという村の名物「カバルッチ」。
秋に収穫し保存しておいたものをふんだんに使ったクリスマス菓子で、
クリスマスが近くなると、カバルッチを並べた屋台がたくさん出るそうです。
カバルッチとは仔馬の意味だそう。馬をイメージした形が独特なんです。

** ** **

それでは、
"ギュギュっと濃厚!"ナッツやフルーツ、ぶどうのうまみがたっぷり詰まった
贅沢な味のお菓子を作りましょう!

レシピ指導は中濱尚美先生です。
ヘンゼルが匂いを嗅いでいるのは、カバルッチ作りに欠かせないモストコット。



モストコットとは、ぶどうの果汁を煮詰めてシロップのように濃縮させたもので
別名サパとも呼ばれています。
その歴史は古く、古代ローマ時代の宴の席にはすでに登場していたんですって。
ちなみに、もっともっと煮詰めるとバルサミコ酢の原料になりますよ。



まずはフィリング作りから。
パン粉をベースに、モストコットとチョコレートや刻んだナッツ類などを入れます。
濃いめのコーヒーが入るのも特徴。



全部混ぜたらしばらく置きます。
パン粉に液体が染みわたって味がなじみ、しっとりしてまとめやすくなります。





最低1時間ほど置いたら8等分に。
チンゴリでは半日から1日置く人もいるそうですよ。



5mmの厚さに生地を伸ばして中身を包みます。



かまどからも「ウマいことやって」と(笑)
ウマいこと馬のような形になるように切り込みを入れてオーブンへ。





焼けたら粗熱をとって。
薬草などを使ったリキュール、アルケルメスを塗って砂糖をまぶしたら完成!





独特な形が何だか愛らしいですね。
古代ローマから重宝されてきたモストコットも味わって♪

イタリア 小さな村のカバルッチ レシピはこちら


月曜日の夜は、「グレーテルのかまど」をお楽しみに!
-----------------------------
「グレーテルのかまど」
毎週月曜日放送 【NHK Eテレ】 22:00~22:25 
(再放送)毎週水曜日【NHK総合】11:05~11:30
(再放送)翌週月曜日【NHK Eテレ】10:25~10:50
★番組公式HPはコチラ↓
https://nhk.jp/kamado
★辻調グループ「グレーテルのかまど」スペシャルサイトはコチラ↓
http://www.tsujicho.com/media/tv-info/gretel/
-----------------------------