OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

6月16日は和菓子の日!

和菓子

2017.06.15

皆さんはご存じでしたか??

6月16日は和菓子の日ですわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

その歴史は平安時代まで遡ります。

平安中期の承和15年(西暦848年)のことです。国内では疫病が蔓延しましたふらふら

その当時の天皇である仁明天皇は年号を 『嘉祥(かじょう)』 と改めました。

『嘉祥』 とはとは文字通り 「めでたいしるし」 で、嘉祥元年(西暦848年)の6月16日に16個の菓子や餅を神前に供えて、病気がなくなり健康で幸せに暮らせるようにと祈ったといわれています。

これを起源として毎年6月16日には厄除け、招福を祈って菓子を食べる 『嘉祥菓子』 の風習ができました。

江戸幕府においては6月16日を 『嘉祥の日』 として大名や旗本に盛大に菓子を配るなどして大切な行事だったと推測されます。

明治に入り、だんだんと嘉祥の風習は薄れてしまったようですが昭和54年(西暦1979年)に全国和菓子教会によって 『嘉祥の日』 を現代に復活させたのが 『和菓子の日』 です。

現在でも多くの和菓子屋さんで6月16日に嘉祥菓子を販売しています。

皆さんもぜひ6月16日に和菓子を食べて厄除け、招福を祈りましょうわーい(嬉しい顔)晴れ