OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

【日本料理キャリアクラス】『飲食経営論』~大阪の中心で冷コーと叫ぶ~

在校生ブログ
辻日本料理マスターカレッジ

2014.06.04

日本料理マスターカレッジのyoshimotoです。


今日の授業は午前中で終わり、
クラスメイトと新地の寿司屋を食べ歩きをした後、
バイトの時間まで時間があった。

ちょうど近くに前から気になっていた川の見えるオサレなカフェがあったので
「コーヒー、一杯くらいどう?」と言ったら、そこから何名かが付き合ってくれた。
うん、友達はいいもんだ。うんうん。
初めて入ったその店のコーヒーは美味也。
僕は実は紅茶派、もっと言えば緑茶派なのだが、此処のコーヒーは僕の口に合った。
ニューヨークでローストされた豆達は、洗練された缶に詰められ、開花するその瞬間を待っていた。
嬉しかったのは、そこの店員が僕の志向を察してか、柑橘系香る、
それはまるで紅茶のようなコーヒーを提供してくれた。
笑顔の素敵な店員さんに感謝。
僕たちのキャリアクラス(二十歳以上を対象としたクラス)には、飲食経営論を学ぶ授業がある。
今回はその課題として「将来、自分がやりたい店」についてまとめるレポートがあり、
いつの間にか、同士達との議論はその話題に。
ブレインストーミングをしながら、それぞれのA4用紙の上に、それぞれの夢が乗ってゆく。
「お客様に提供する価値は?」「どんなお客様に来て欲しいのか?」「立地は?」「設備は?」「そこで働く人は?」・・・
僕は大学で経営学を、その後はビジネスマンとして約6年の経験があり、
ビジネスの領域には同年代の人達よりも自信はあった。
でも、アイデアはまた別世界。出したもの勝ち、やったもん勝ち。
僕が足を突っ込んだ飲食業界は、成功したものだけが成功者。
そこに過去の経歴なんて一切関係ない。
「俺は野菜にはこだわらねえ!」「お品書きに値段は書かねえ!なぜなら、、、!」「土日休みの店を作ってみせる!」
「あー!その手があったか!」「それ、さすがにアカンのとっちゃう!?」「それめっちゃおもろいやん!パクるわ!笑」
遠慮は不要。欲しいのは本気と結果。そして応えてくれる同士達。
yoshimoto0604.jpg

手元のコーヒーは、いつの間にか二杯目になっていた。
6月の大阪が、熱くなりそうだ・・・!!
※大阪ではアイスコーヒーのことを「冷(れい)コー」と言うらしい。
そろそろ冷コーの季節ですね。一度は使ってみたい。どきどき。笑


【プロフィール】
yoshimoto。エコール 辻 大阪 辻日本料理マスターカレッジ(キャリアクラス)所属。
大卒⇒営業6年⇒ドイツ生活2年⇒エコール 辻 大阪。
将来はヨーロッパで日本食を伝えるのが夢。
好きな食べ物:もずく。好きな酒:日本にいる間は日本酒・焼酎を、
欧州ではビールとウォッカをよく。好きな言葉:人類愛。