OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

日本料理のブログで授業見学75 SDGs「私は割り箸を使わない!そしておいしさを知る」

辻日本料理マスターカレッジ

2019.12.09

エコール大阪 日本料理

みなさんはSDGs(エス・ディー・ジーズ)という言葉を聞いたことがありますか?

Sustainable Development Goalsの頭文字を合わせたものです=持続可能な開発目標

2030年までに、先進国も新興国も途上国も、国も企業もNPOも個人も、あらゆる垣根を越えて協力し、よりよい未来をつくろうと国連で決まった17個の目標です。

辻日本料理マスターカレッジの学生は1年間、日本料理を学ぶことは勿論のこと、SDGsに関しての学びも意識しています。

今日は17個ある目標の内、目標番号15「陸の豊かさを守ろう」についての取り組みを紹介します。

写真2枚のポスターは学生である植野くん、所さん作の手書きポスターです!
2人とも個性が出てます。すばらしい~

エコール大阪 日本料理

2人は17ある目標の中でも「陸の豊かさを守ろう」に関心が高いようです。

夏休みが終わり9月早々のことでした。
学生たちで学校内でなにかSDGsに関して貢献できることを考えたいと申し出がありました

学生から様々な提案がでましたがポイントは
持続可能であること!
1、2回やって終わりにならないこと!

そしていろいろ考えた末、10月から具体的に1つ始めることとしました。
テーマは「私は割り箸を使わない」です。

料理を学ぶ学校ですから毎日のように実習、料理試食を行います。
今までは「割り箸」を使い、使用後は捨ててました。
これを自分で使う箸は、持参して毎回使うこととしたのです。

多数決で決めたのですが、正直、反対する学生もいました。
いちいち洗うのめんどくさい」「箸を個人で買うの」など。


エコール大阪 日本料理

しぶしぶ始めた学生もいましたが、一つ良いことを発見したようです。

みなさんは「自分の手に合うお箸のサイズ」って知ってますか?

箸は使う人の手の大きさに合ったものが一番持ちやすく、見た目のバランスも美しくなります。
理想とする箸のサイズを見つけるのは簡単!
手に合う箸の長さは「一咫半(ひとあたはん)」

写真のように親指と人差し指を直角に広げたときの 親指の先から人差し指の先までの長さが「一咫」。
一咫の1.5倍が「一咫半」なのです!

写真の手は植野くんですが今まで使っていた割り箸は長さ一咫はあるけど一咫半にはとどかず。
ということは「自分の手に合っていない箸」となります。
植野くんに限らずほぼ全員合っていません。割り箸が短いのです。

使いやすさや見た目は勿論ですが、それ以上に発見したことは「おいしさの半減」でした。
箸のサイズがピタッと合っていなければ、口に運んだ料理のおいしさが半減するのです×××
嘘みたいな本当の話しです。

エコール大阪 日本料理
エコール大阪 日本料理

上の写真は植野くん、下のピンク箸は所さんですが、2人とも「一咫半」です。
この話しを聞いてから購入したのではありませんよ。
箸を購入するときは実際に持ってみるよね。その時、ピタっときたのでしょう。

エコール大阪 日本料理

かの有名な北大路魯山人は「器は料理の着物」という言葉を残しています。

料理は盛り付ける器しだいで、「
おいしく」も「まずく」もなるということです。
箸も一緒ですね! 
せっかくいただく料理ですからおいしく食べたいよね! 
おいしさって深いよね!