OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

辻日本料理マスターカレッジ教室開放

辻日本料理マスターカレッジ

2019.06.06


毎週月曜日から木曜日は、ほぼ毎日学生の自主練習ができる教室開放があります。
本日は5名が残り大根の桂むきを練習してます。

桂むきは日本料理の包丁技術の基本中の基本!
水本君の集中力が伝わってきます。


安場先生が見守る中、水本君の大根を見て一言!
「大根の芯がツルッとしてきたやん」
「これは包丁が上手く動かせている証拠!すぐうまくなるで!」
「1メートル以上剥けていることは、すばらしいよ!」

これ何かわかりますか?大根の桂むきが何㎜厚さで剥けたかを計っています。
写真では「桂剥き2㎜」とはっきり読めますがその下に実は「桂剥き1㎜」と書かれているのです。
残念ながら見えません。
辻日本料理マスターカレッジの学生は1㎜以下の厚さが剥けるよう練習します。

続いて春岡君はどうかな?本日約90㎝剥けていましたが安場先生から一言!
「長く剥けてきたやん。次はもっと薄く剥けることが課題ね」

集中力がなくなってきたので片づけて帰ります。今日もしっかり練習しました。
学生は練習した大根で毎日大根サラダたべてます!ヘルシーです。

練習後は安場先生と雑談~話しの内容は秘密です。気づけば18時を回ってました。
おつかれさまでした。