OSAKA

個人実習パスタ

辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ

2021.06.13

みなさ~ん!こんにちは!!
梅雨の合間の晴天が続いていますね。
気温は高くなりますが湿度はそれほど高くなく、気持ちの良い天候です!!

学生たちは、「姿勢」、「包丁の動かし方」、「切り方」を重点に、野菜を切る基礎を薄切りから始め、
「色紙切り」、「角切り」、「千切り」、「みじん切り」までの切り方をマスターしようとしています。
今回は、みじん切りの評価を前に、個人で料理を仕上げる個人実習を紹介します。

テーマ:
・トマトソース作り:サルサ・ディ・ポモドーロ Salsa di pomodoro  2皿分/1人
・スパゲッティのトマトソース和え、バジリコ風味:
 スパゲッティ・アル・ポモドーロ・エ・バジーリコ Spaghetti al pomodoro e basilico 2回作成/1人



授業内で2回パスタを仕上げるため、自分のトマトソース2皿分を自分で作ります。
パスタをゆがく塩味も自分の分だけを自分で確認します。基本は湯量の1%の塩分濃度です。



出来上がったソースです。
1皿分のグラムを量ってフライパンに入れます。



さあ!準備はととのいました。パスタをゆがいてソースで和えましょう!!
フライパン振りも今日が初めてです。



出来上がりです。完成!仕上がりの状態は?
一から自分で作ったスパゲッティ、トマトソース和えの味、
パスタとソースのからみ具合、パスタの歯応えはどうでしょうか?

みなさん!
梅雨の不快な天候、コロナの緊急事態宣言下ではありますが、へこたれず頑張っていきましょう!!
それではまた次回のブログを楽しみにしてください。
みなさん、さようなら!!