OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

製パン実習~調理パンを作ろう!~

製パン
製菓技術マネジメント学科

2022.05.25

学校生活が始まって1ヵ月が過ぎました。
少しずつ学校にも慣れてきたと思います。

今回紹介するのは製菓技術マネジメント学科 1年生のパンの授業です。
調理パンのツナロールを作ります!

まずは丸い生地を棒の形に成形します。
棒の成形は簡単そうに見えて長さや太さを揃えることがとても難しいです。

今日は初めて棒の成形にチャレンジです。



棒の形にした生地を少し休ませて、もっと長い棒にしていきます。
その生地を半分に折って成形は終了。

約40分間しっかり発酵させます。

しっかり膨らんだ生地に卵を塗ってツナフィリングとチーズを乗せて焼いていきましょう!

甘い匂いが漂う製菓学校に普段とは違う調理パンのいい匂いが食欲をそそります。

おいしいパンが焼けたら、次のクラスのために生地の仕込みをしていきます。
今回は初めてミキサーという大きい機械を使って生地をこねていきます。

機械の使い方や生地を捏ねる手順をしっかり教わっています。



ミキサーを使って生地を捏ねるときも機械にまかせっきりではなく
しっかり生地の状態を確認しながら生地を捏ねていきます。

捏ね上がった生地はとても薄く伸びます。

出来上がった生地は表面をきれいにし、形も丸くして発酵させます。

発酵が終了した生地は欲しい大きさに切り分ける分割という作業をします。
この分割も簡単そうに見えてとても難しい・・・

分割が終わった生地は表面を丸く形を整えて、生地の仕込みは終了です。

授業の最後には焼き上がったパンを見ながら良かった所や次回に向けての改善点を話していきます。

次回もおいしいパンが作れるようにたくさん練習しましょう!


~プロフィール~
辻製菓専門学校
製パン担当 桒村 遼

奈良県出身 パンが大好き
朝食はもちろんパン派
毎日食べても飽きません!