OSAKA

辻調理師専門学校 (調理)

ブログ

放課後練習に潜入!スキルアップの秘密とは!?

調理師本科・調理クラス
調理技術マネジメント学科

2023.07.21

皆さん、こんにちは!

今日は学生の放課後に潜入してみたいと思います!

まず学生たちはバイトに行くことが多いです。
バイトは自分で探す場合もありますし、
先生たちの紹介から有名店でバイトをする学生も少なくありません!
バイトから学べることもたくさんあるので、学校ではバイトを推奨しています。

もちろんバイトだけでなく、授業で習得できなかったスキルを身に付けにきたり
さらなるスキルアップを目指して、放課後練習に来る学生も多くいます!

今日はそんな練習会に潜入してみました!

実はこの練習会、普通の練習会ではありません!
ここでは先輩が後輩に教える形で練習会を行っています。
上の写真は、氷で鍋を振る練習をしているようですね。
まだまだぎこちない鍋振りをする1年生。コツを教えているのは2年生です。

今回は牛肉の炒め物を作っているようです。

作る前には先生が見本を作り、目指す味を試食します。
そして2年生指導のもと1年生も作ります。


かなり上達したように見えます!


話は変わりますが、皆さんは学校の入試制度、AO入試はご存知でしょうか。
もう2024年度入学者対象のAO入試が始まっているので
すでに受けた方もいらっしゃるかと思います。

そこで出てきた言葉、覚えているでしょうか。

「ドケンド ディスキムス」 ラテン語の格言で「私たちは教えることによって学ぶ」です。
これは我々、教職員が常に感じながら授業をしている言葉ですが
実は学生間でも当てはまる内容となっています。 

真面目な話ですみません(笑)

教えるということは、作るよりも何倍も理解していないと、できないことです。
また教えているうちに、理解度が深まり、よりクオリティの高い料理が作れるようになったりします。

先輩が後輩に教える。部活では当たり前にやっていたことですが
授業の中ではなかなか実現できません。
放課後の練習会で、技術を高め合うことはもちろんのこと
仲が深まりとても楽しそうに練習を行っている様子はとても良い姿だと思います。

オープンキャンパスでは、こんな現役の学生たちの姿を見ることができます。
一生懸命練習したスキルの成果を見ることもできますし
リアルな学校生活、楽しいこと、大変なこと、様々な話を聞くことができますので
まだ来られていない方は、ぜひともオープンキャンパスに来てみて下さい!


ちなみに先ほど紹介した、こちらの写真。
学校のどこかにありますので、学校に来た際は探してみて下さい!

~プロフィール~
辻調理師専門学校 中国料理担当
川﨑 元太
料理の始まりは祖母の作った炒飯でした。
同じように美味しく作りたいと何度もトライしているうちに
気が付けば中華鍋を買い、気が付けば辻調に入学し
気が付けば辻調で教えていました。
毎日、勉強です。
料理の勉強ってとっても楽しいですよ!