OSAKA

辻製菓専門学校

ブログ

パティシエクラス、初めての実習!

洋菓子
製菓技術マネジメント学科

2020.07.07

1か月間のオンライン授業を終えて、対面授業が始まりました。
分散登校実施中なので、クラスの半分の人数で実習です。



実習中もソーシャルディスタンスを意識してもらえるように、テーブルにはテープで印をつけました。


実習が終わったらオンライン授業で行った理論の試食です!
もちろんソーシャルディスタンスを意識して、向かい合わせではなく横並びで試食です。


この日は練りこみパイ生地の実験の食べ比べと、練りこみパイ生地を使った製品6品!!



実験の食べ比べでは、味は?香りは?食感は?など、
理論授業の時に使用した食べ比べシートがあるので、みんな真剣に考えながら食べて記入していました。
でも、製品を見るとやっぱり笑顔がこぼれちゃいますよね☆


次の日にはスポンジ生地の食べ比べです。その数なんと共立てスポンジ生地だけで15種類!!
薄力粉ではなく、強力粉を使うとどのような生地になる?小麦粉の一部をでんぷんに置き換えると?
というような粉の種類を変えたものや、グラニュー糖ではなく上白糖を使うと?水あめは?はちみつは?などなど、
素材によってどのような違いが出るのか理論の授業中に仮説を立てて、その仮説通りなのか検証していきます。



理論も実習も、「お菓子の作り方を学ぶ」だけの授業ではなく、
より自分の思い通りのお菓子が作れるようになるために、素材や作製法についても学びます。
でも最初から答えは準備されていません。
自分で考え、検証していくことで気付き、学んでいけるようなカリキュラムになっています。
「考えながら食べるの大変だけど、新しい気付きがあって楽しい!!」
「ちょっとした製法の違いでこんなにも違いが出るなんて、お菓子って本当に奥が深い!!」
って言葉がちらほら。
これからも一緒にた――っくさん学んでいこうね!どんな風に成長してくれるか...先生も楽しみです♪