OSAKA

辻󠄀調理師専門学校

施設・設備

本物にこだわった道具や
機器がずらりと並ぶ施設・設備をご紹介します。

西洋料理実習室の写真

西洋料理実習室

西洋料理実習室の写真
低温で加熱する
「真空調理」を可能に。
食材を専用の袋に入れて空気を抜いて密封する真空包装機。真空包装した食材を低温で加熱することで、やわらかくジューシーに。
西洋料理実習室の写真
キレイな焼き色がつくサラマンドル。
サッと焼き色をつけるために使う上火だけの開放型オーブン。バーナーよりもキレイに仕上がります。
西洋料理実習室の写真
多機能!スチームコンベクション。
スチームと温風で焼く・煮る・蒸すができる多機能な調理機器。料理によってガスオーブンと使い分けています。
日本料理実習室の写真

日本料理実習室

日本料理実習室の写真
料理の仕上がりは包丁の腕次第。
食材や調理法によってさまざまな包丁がある日本料理。包丁の技術はすべての基本!立ち方から、構え方、包丁の握り方、切り方など、徹底的にトレーニング。
日本料理実習室の写真
魚や野菜を焼く
「焼き床」もプロ仕様。
下火で加熱する焼き床。実習では鮎を串打ちし塩焼きに。焼き色を見ながら、串を返すのが楽しい!
日本料理実習室の写真
さまざまな器で日本の四季を演出。
料理や季節に合ったお皿を選ぶことも重要。授業では実物を見ながら、焼き物や塗り物の種類を学びます。
講習室の写真

中国料理実習室

中国料理実習室の写真
北京と四川、2つの鍋を使いこなす。
中華鍋には、片手鍋の「北京鍋」、両手鍋の「四川鍋」の2種類があるって知ってました?四川鍋は縁を持って鍋を振るので熱い!
中国料理実習室の写真
大きな中華鍋がすっぽり!
中華専用コンロ。
なんといっても中国料理は火力の強さが魅力。中華専用コンロでダイナミックに鍋振り、がかっこいい!
中国料理実習室の写真
点心は道具を使ってひたすら練習。
ぎょうざの皮をのばす「点心棒」や具を包む「あんべら」など、点心の授業は道具の使い方が重要。
講習室の写真

講習室

講習室の写真
先生の華麗なる技術を
目の前でチェック。
辻󠄀調の先生、外来の有名シェフが目の前で料理をつくる講習室。解説しながらつくってくれるから理解も深まる!
講習室の写真
図書室や職員室など、
学生のための設備も充実。
勉強の悩みから食べ歩きのお店まで、先生への相談は職員室へ。専門書がずらりと並ぶ図書室もお気に入りの場所です。

tsujichogram

学生生活や授業風景、イベント情報など
辻󠄀調のイマがわかる!