1. TOP
  2. 最新メディア情報
  3. テレビ
  4. グレーテルのかまど

1月25日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。もともと料理だったものがスイーツに?!トマトや玉ねぎ、粉チーズを使ったメキシコのデザート、ちょっと想像がつきませんね。さて、グレーテルが残したメッセージは、「なつかしい味でおもてなし」今宵ひもとくのは、「フリーダ・カーロのカピロターダ」です。まっすぐにこちらを見る鋭い視線の自画像を描き続けたメキシコの画家、フリーダ・カーロ。彼女が22歳で、

1月18日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。東北を応援する人の思いを様々な形で表現してきたなかに、こんなスイーツもあったんですね。さて、グレーテルが残したメッセージは、「10年目のエール!」今宵ひもとくのは、「東北応援!スイーツ」です。東日本大震災から10年。深い悲しみが癒えることはありませんが、復興に向けて歩み続けた10年でした。何もかも津波で流され、跡形もなくなってしまった更地に

新年あけましておめでとうございます。2021年最初の放送はご覧いただけましたか。縁起物を食べて鬼を撃退し、今年も元気に過ごしたいですね!さて、グレーテルが残したメッセージは、「鬼を撃退!」今宵ひもとくのは、「沖縄のムーチー」です。沖縄で、毎年旧暦の12月8日(新暦1月半ば~2月)に食べる習わしのある餅菓子が「ムーチー」。漢字で書くと「鬼餅」です。ユニークな鬼退治の伝説から、厄払い・厄除けの縁起物と

12月21日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。古代から受け継がれてきた幸せの形。こんなクリスマススイーツは初めてお目にかかりました。さて、グレーテルが残したメッセージは、「角にたっぷり!ハチミツでばっちり!」今宵ひもとくのは、「ナポリのクリスマス ストゥルッフォリ」です。古代ギリシャから伝わり、ナポリで独自に発展した、クリスマスに欠かせないスイーツといえば、ストゥルッフォリ。修道院で

12月14日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。クリスマスのワクワクをこんな形で盛り上げてくれるスイーツ。作っているときも、とっても楽しそうでしたね♪さて、グレーテルが残したメッセージは、「今年は食べられるやつ よろしく!」今宵ひもとくのは、「チェコのペルニーク」です。中央ヨーロッパの国 チェコ共和国のクリスマスに欠かせないのが「ペルニーク」。14世紀前半にチェコに伝わったという伝統的

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る