OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

コーヒーの抽出法はいろいろです。

辻カフェ&パティスリーマスターカレッジ

2020.12.16

辻カフェ&パティスリーマスターカレッジのコマンダトーレです。

今回はコーヒーの抽出法による味の違いを比較します。
ペーパードリップ、サイフォン、フレンチプレスの3種です。

まずはいつものペーパードリップで抽出して味見をします。
みんな上手になりました。

続いてサイフォンの抽出です。
沸騰すれば下のフラスコから上のロートにお湯が上がっていきます。
見ていて楽しいので、演出効果は抜群です。

一度、軽く混ぜ、少し煮た後に火を消してまた混ぜます。

フラスコが冷めればコーヒーが下がって出来上がり。

フレンチプレスは比較的簡単です。
コーヒーの入ったポットにお湯を注いで、蒸らしをします。

プレスする部分に金属のアミがあり、漉すことができます。

お湯を注ぎ足して数分間置いた後、プレスして出来上がり。

比較試飲してコメントを残します。

好みを聞くと、ペーパードリップとサイフォンが半々くらい、
フレンチプレスは0でした。
個人的にはプレスもとても好きなんですが、
コーヒーの油分が残り、少し味が強いので
敬遠されたかもしれません。

~プロフィール~
辻カフェ&パティスリーマスターカレッジの職員「コマンダトーレ」です。
バリスタとソムリエの資格を持ち、ドリンクの授業全般を担当しています。
コマンダトーレとはイタリア語で「司令塔」の意味ですが、一般的ではないそうです。。。