OSAKA

食材に触れない授業日

辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ

2020.11.02

みなさ~ん!こんにちは!!
山の木々が自然な黄色、橙色に色づき始め、大阪の都会でも広葉樹が黄色くなってきました。
これから数週間、山々から都会へと紅葉シーズンが始まり秋本番から冬支度へと向かいますね!!
晴天の日は本当に過ごしやすく"気持ちいい~"って叫びたくなります。

さて今回は、月に2度、木曜日は語学(フランス語、イタリア語)と
食品衛生学の時間割設定日になっています。
写真は興味が湧くようなものではありませんが、
普段の実習風景とは違う部分をご紹介したくて撮ってみました。


イタリア語です。先生は大学の講師に授業に来ていただいています。
Ciao! Mi chiamo ~ Piacere!  Come si chiama?
な~んて自己紹介!
相手の名前を尋ねるといった基本用語からお店での受け答えという
普段の生活で必要不可欠な会話を中心に教えていただいています。


フランス語です。
こちらの先生も大学を中心にフランス語を専門に教えていらっしゃる外部の先生に
講師として来ていただいています。

Bonjour! Ça va! Je m'appelle~ Enchanté! Comment vous appelez-vous?
フランス語も日常会話から現在では動詞の変化を中心に授業が進んでいます。
フランス語の料理書などを訳す際、動詞は過去形、過去分詞で明記されていますので、
その変化形を学ぶことでより理解が深まっていきます。


食品衛生学です。
こちらは料理やお菓子を作成、提供するうえで切っても切り離せない領域で、絶対に必要な知識になります。
ウイルスや菌の種類がいっぱい出てきますが、アニメのキャラクターに変換して覚えてはどうでしょうか!(笑)

今日も学生たちは個人の目標に向かって頑張っています。
それではみなさん! さようなら!
(フランスAu revoir! イタリアArrivederci!)