OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

日本料理のブログで授業見学106 個人実習「だし巻き玉子のテスト」

辻日本料理マスターカレッジ

2020.02.12

今日はだし巻き玉子のテストです!
テストとなれば普段スムーズに巻ける学生も緊張のあまり実力が発揮できなかったり、
逆に本番にめっぽう強い学生もいます。
運も実力といいますから何とも言えませんね。

まずは慎重に各自で卵生地を作ります「シャカシャカ〜」卵まぜてます。

安場先生が見つめる中、テストがスタート!


採点項目は、卵生地を流す温度が適切か。箸だけで巻くのではなく鍋を大きく振れているか。
焼き色はついていないか。形はきれいかなどがあります。

安場先生、心の中でつぶやきます。
「オッ!
河合くん今日は鍋大きく振れてるやん」

今日のテストはだし巻きを切って盛り付けるまでが採点です。最後まで気が抜けません。



順番を待つ多田さんと宅間くん。
「先生!
とても胸がドキドキです」
「テスト早く終わりたいです」



多田さん、宅間くんとも先ほどの笑顔から一変!
真剣な表情でテストに臨みます!



卵生地の状態を見れば、鍋の温度が少し低かったかな?
もっと「
ジュ〜」といった感じがほしいぞ!



このだし巻き玉子、形はいいけど焼き色が見えます。残念100ではないな。



湯川先生、心の中でつぶやきます。
「オッ!小畑ええやん、
100いくんちゃうか」




写真からも良い意味での緊張感と真剣さが伝わってきます。




テスト結果は、全体で100点満点での合格者は岡田くん、小畑くんの2名だけでした。
採点はかなり厳しくしてあります。
それをクリアしての100点は素晴らしい!パチパチパチ・・・・みんなこの2人につづけよ! 

お疲れさまでした。