tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

エコール 辻 大阪ブログ

日本料理のブログで授業見学19『個人実習「酢の物」』

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

今日の個人実習では「胡瓜と若芽の酢の物」を全員が個人個人で作ります。
たった一品ですが学ぶことが満載!

酢の物の基本がたくさん含まれています。
まずは担当の大引先生から作り方とポイントが詳しく説明されます!


辻日本料理マスターカレッジ

教材は胡瓜、若芽、生姜が配られ、下準備~仕上げまでを各自が行います。

辻日本料理マスターカレッジ

胡瓜はひと手間かけて準備します。
まずはさっとゆでて表面の皮を柔らかくし、色鮮やかにします。

辻日本料理マスターカレッジ

次に胡瓜を半分に切り、中の種を取ります。
種部分は水分がとても多く今回の酢の物には不要です!

辻日本料理マスターカレッジ

種を取った胡瓜は薄く刻みます!
包丁の先端部分を使って基本通りの「突き切り」ができてますぴかぴか(新しい)

辻日本料理マスターカレッジ

そして海水程度の塩水に約15分つけると胡瓜の水分が抜け、酢の物としての食感良くなり、水分が抜けた分美味しく味付けされた酢が染み込みやすくなります。

辻日本料理マスターカレッジ

若芽は水で柔らかく戻し、さっとゆでることで色鮮やかになります!
あとは一
口サイズに切るだけ。


辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

生姜は薄くへぎ、千切りに!薄くへぐことで細い千切りができます。

辻日本料理マスターカレッジ

切り物が終われば、三杯酢を作ります。三杯酢とは酢に砂糖、醤油、だし汁を合わせたもの。
火にかけながら合わせます。酢は最後に入れてさっと仕上げます。
酢の酸味を飛ばしすぎないのがポイントです!

辻日本料理マスターカレッジ

「俺の作った三杯酢どう!うまい?」「酸味もまろやかでいいんちゃう!」

辻日本料理マスターカレッジ

全ての工程を経て、最後は盛り付けです。作る工程が100点でも盛り付けが悪ければ台無しです。
生姜の千切りは盛り付けのアクセントとなります。
大迫さん慎重に仕上げよう~

辻日本料理マスターカレッジ

胡瓜と若芽の酢の物が完成!器に対して丁度良いボリュームですね。
立体感もあ
り、針生姜が狙い通りよいアクセントとなっています。
これぞプロの盛り付け、
合格◎

辻日本料理マスターカレッジ

酢の物はさわやかな香りが特徴。「う~んいい香り」

辻日本料理マスターカレッジ

「味見させてもらっていいかな」自分の作ったものと比較。これも大事なことです!

辻日本料理マスターカレッジ

最後は大引先生から個別にアドバイス!良かった点、
改善点は個々で違います。
お疲れ様でした。

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント