tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

エコール 辻 大阪ブログ

日本料理のブログで授業見学4

辻日本料理マスターカレッジ

今日はこれまで練習してきた大根の「桂むき」の実力を試す日です。
これを「実力評価」と呼びます!
採点担当の松島先生からルールが説明されます。
「まっすぐ剥けていても、70㎝未満は採点しません」
なかなか厳しいルールです。

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

学生は1年間で大根を見るのが「イヤ!」というほど桂むきの練習をします。
毎日ビンビンに切れるように研いでいる薄刃包丁、今日は一段と切れるはず!

辻日本料理マスターカレッジ

まずは本番前に20分間ウォーミングアップ!
各自で練習。

松島先生からの指導もあります。
包丁を持つ手が安定してないよ!」

「包丁がぐらつき大根が切れやすくなる。そこを注意しよう!」

辻日本料理マスターカレッジ

採点は大根を剥くことだけでなく「大根の持ち方~まわしかた、包丁の動かしかた」も含まれます。
基本を教える学校ですからそこも重要です。

辻日本料理マスターカレッジ

一斉に本番スタート!
20分間で剥きます。
真剣さが写真からも伝わってきます。

辻日本料理マスターカレッジ

松島先生の鋭い目線の先は「大根の持ち方、包丁の動かし方」をチェックだ!

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

桂むきは簡単には上達しません。
上達の鍵はまず正しい剥き方を覚える。
次に
練習あるのみ!

写真を見比べると差が解ります。
練習量に差が出てます。

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

「ストップ!終了」1人ずつ松島先生が採点。
ボードには「2㎜、
1㎜」と書かれていますが、大根を上に置き、はっきり1㎜と読めれば「1㎜以下の薄い桂むき」が剥けている証となります。

辻日本料理マスターカレッジ
辻日本料理マスターカレッジ

本日唯一100点満点で合格の奥村くん。厳しい基準での合格はすばらしい~ぴかぴか(新しい)
襟には100点の証、★印バッチが輝きます!
おめでとう。
次もがんばれよ!

資料請求

オープンキャンパス

特別相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント