OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

スパゲッティのトマトソース和え

辻カフェ&パティスリーマスターカレッジ

2019.05.30

辻カフェ&パティスリーマスターカレッジからきらぼしです!

今回のメニューはスパゲッティのトマトソース和え

誰もがよく食べる代表的なスパゲッティの一角
嫌いな人は...トマトがダメなのかな?

今回のこのパスタは一つ前の授業で作ったトマトソースを少し調整したソースで作りました!

ちなみに前回のトマトソースはフォカッチャというパンにオムレツと一緒に挟んでフォカッチャサンドにしました、バジリコが効いてて美味しいですよ!(相変わらず写真はありません^^;;)

でもご安心を!このフォカッチャサンドはオープンキャンパスにて作ることができます。

美味しいパンを食べに来てくださいね!

さて、このパスタ、作る過程で実は波乱万丈の物語が
麺を茹でる際、1%の塩分濃度のお湯、と言うものを作ります。

1Lのお湯には10グラムで、1%の塩分濃度
では今回のお湯の量は...?
実際お店で働くと、そんなことを細かく測る余裕はありません。

なので!目分量でこのくらいのお湯は何リットル!
だからこのお湯にはどれだけのお塩を!とみんな悩みながら作ります。
もちろん味を見ながら!

塩分1%のお湯、先生の作ったお手本と飲み比べてみると薄い?濃い?とそれぞれ反応が違います。
温度も違うし、条件が少し違うだけで感じ方は変わってしまいますから、みんなてんやわんや

そしてパスタを茹でるのにちょうどいいお湯ができたら即座に麺を入れて...
同時進行でやってトマトソースをフライパンに流し、この1%のお湯で溶かし、追いバジリコ!

トッピング用に残してる人もいたので少し後悔しましたが、とってもよく味が出ました。
麺をしっかり絡めたら盛りつけて、さらに上からパルメザンチーズ
これで完成!


でも実はこれ、ソースを溶くお湯が少なかったり、麺が柔らかくなっちゃったりと少し満足な出来ではありません、これも美味しいんですけどね^ ^

じゃあ次はどうしよう、あれはもう少し早くできないかな
と反省したり、この人のはすごく美味しいと褒めあったり...

今回も美味しく楽しい授業でした!

[プロフィール]
ゲーム好きのカフェパティスリー在籍
きらぼしです
卒業後は日本料理マスターカレッジに行こうかなと思っています
学生ブログは書く側でも見る側でもある複雑なやつです^ ^