OSAKA

個人実習 パータ・シュー

辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ

2020.09.24

みなさ~ん!こんにちは!!
9月も中旬、秋を感じる今日、夏とは違う何か寂しさを感じる今日この頃です。
学生たちはコロナ禍でも毎日前向きに頑張っています。

今日はフランス・イタリア料理マスターカレッジの個人実習、製菓のパータ・シューを作っています。
毎回ですが、個人実習は動画を視聴して事前学習をします。
そして課題シートを記入、提出し実習に臨んでいます。



今日のテーマと準備物になります。





計量と器具準備を終えれば、まずはシュー生地の作製、焼成です。
料理も同じですが、作業の流れを考えて時間のかかるもの、加熱後、冷ます必要があるものなど作業工程を決めてから作業を始めます。
その中で、生地の状態、絞り方など技術面は、動画を思い出しながら実践します。
出来ていない部分は先生が指導していきます。






個人実習ですが2人ペアになっていて、一人はアーモンドダイスを振りかけ、クリームもプラリネにします。
一人はクッキーをのせてクッキーシューで、泡立てた生クリームを加えてクレーム・ディプロマットで仕上げます。


完成です。
製菓学校とは違い、料理人の実習なのでテークアウトは出来ません。その場で紅茶と一緒に試食です。

フランス・イタリア料理を勉強していますが、基本となる製菓生地、クリームはこのように実習で学びます。
いかがですか?初めてでもブログでご紹介したように、学生たちはなかなかやりますでしょ!!
入学すればレベルの差はあるにせよ、ここまでは出来るようになりますよ。
興味のある方は、まず行動してみてください。
それではまた次回、お会いしましょう!!