OSAKA

実習『レシピデザイン』

辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ

2020.12.16

みなさ~ん!こんにちは!!
2020年も残すところ2週間ほどになりました。
寒さも本格的な冬の寒さになり、授業も今週いっぱいで終了します。
厳しい寒さになりましたが、みなさん!お元気にお過ごしですか?
コロナ禍で日々の生活がいろいろと制限され自粛モードになっていますが、
楽しみを見つけて頑張りましょう!!

今回は実習授業の"レシピデザイン"です。
実習班の半数3~4人のグループが1チームになります。
メイン食材「子羊背肉」「鴨胸肉」「オマール海老」と
指定した野菜類から付け合わせを3種類考えて、
メイン料理となる魚料理か肉料理を4人前、
今まで学んだ事をチームでレシピを作成し、実際に料理に仕上げるという実習です。
当然、結果を評価します。





普段の実習とはまた雰囲気が違います。
自分たちで考えたレシピだけに思い入れが強いのでしょうか、
普段よりも集中しています。





それぞれを解説したいところですが、
学生たちが考えたレシピですので的外れになっては申し訳なく、
今回は写真のみでお許しください。
それぞれ5月から学んできた内容が一皿に表現され、
メイン食材の火通し加減も上手に仕上がっていると思います。


1クラス8チームになりますので8皿が提出されています。
横では試食用の皿が提出され、先生が試食審査をおこなっています。

8皿の写真は小さくて判りづらいと思いますが、
みなさんならどれを食べてみたいですか?
それぞれに学生たちの個性が皿に表現されていて
"料理は料理人そのもの"とよく言いますが、その通りだと思います。
料理は楽しいです。人を喜ばせ!多くの人の心を豊かにできる職業だと改めて感じます。
この面白さ!楽しさ!を感じてみたくはありませんか!
是非、またブログを見てください。
それでは、さようなら!!