OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

日本料理のブログで授業見学85 校外授業「菊正宗記念館へ!」

辻日本料理マスターカレッジ

2020.01.14

エコール大阪 日本料理
エコール大阪 日本料理

今日は楽しみにしていた校外授業です。
行先は神戸市東灘区にある「菊正宗酒造記念館」
この記念館には酒造りに使われた貴重な用具類を展示して
昭和初期から中期にあたる酒蔵を再現しているのです。

エコール大阪 日本料理

これまで学生は180分間の日本酒の授業を7回受講してきました
なぜ?そんなに多く日本酒の授業を取り入れているのかって?

日本料理マスターカレッジでは会席料理を軸にカリキュラムが組まれています。
会席料理とは本来、日本酒をおいしくいただくために組まれたコース料理なのです。
ワインと西洋料理のように深い関係なのです。

すべての授業を担当くださったのは菊正宗酒造記念館の名誉館長である村田先生!
日本酒の歴史、原料、作り方、酒と料理の相性なと様々な角度からわかりやすく教えてくださいました。
今日はその村田先生の説明を聞きながらこれまで学んだ日本酒の知識を振り返ります!

エコール大阪 日本料理

「昔の酒造りに使われた道具、タンクなどは当然のことですが全て木製です!」
「それぞれの道具には理にかなった形、サイズなどよく考えられています。」
へえーそうなんや。

エコール大阪 日本料理

これは昭和時代の酒蔵で働く従業員の部屋を再現したものです。
今も酒造りが始まれば朝昼晩を問わず作業があるため泊まり込みです。

「レトロでいい感じ、俺ここに住んでみたいわ」
たたみ気持ちよさそ〜」
「囲炉裏でなべ食いてえ〜」

学生は言いたい放題です(笑)ちゃんと説明聞けよ。

エコール大阪 日本料理

このデカい釜で米を蒸してました。
酒用の米は炊くのではなく蒸す理由は授業で教えたやろ!覚えてるかな」

エコール大阪 日本料理
エコール大阪 日本料理

これは「酛摺り桶(もとすりおけ)」といってこの中に蒸した米を入れて櫂(かい)ですりつぶすのです。
かなり重労働な作業なため、当時は「酛摺り唄」という歌を唄いながら作業をして気を紛らわしていたんだよ。

「では、歌ってみるよ」
♪~ヤーレ、目出度目出度の~若松様よ~ 枝が栄えて~葉も茂る~♪ 
村田先生、酛摺り唄とともに実演です!

学生も手拍子で応援!
「2番も歌いましょうか」先生、今日はけっこうです(笑)

エコール大阪 日本料理

村田先生から教わる内容には、常に説得力があり学生は終始、聞き入っていました。

エコール大阪 日本料理
エコール大阪 日本料理

次は会場を移動して菊正宗酒造での酒造りをDVDを見ながら学びます。

「へえー蒸した米は足で踏むんや〜」
「麹菌って緑色してるんや。知らんかったわ」
「酒ってしぼりたては濁ってるんや」それぞれの思いが口にでます。

20歳になれば、うまい酒たくさん呑めるぞ!それまで知識はしっかり学んどけよ(笑)

エコール大阪 日本料理

最後は20歳以上の学生は村田先生の解説を交えて試飲です。

村田先生「この酒の特徴は、しっかりとした味わいだが切れがいいので後味がスッキリです。造りかたで味わいは様々です。」

学生「ほんとだ口に雑味が残らないって感じです。」
俺これ買って帰ろう。燗してもうまそうだし。」

エコール大阪 日本料理
エコール大阪 日本料理

未成年の学生は試飲ができないため、菊正宗酒造特製の酒粕アイスとソフトクリームを〜たべる、たべる〜

「酒粕とアイスって合うよね〜」
俺の抹茶と酒粕だけどこれもうまいよ」
「酒粕ソフト、一口くわせてよ。」
「酒粕デザート考えようよ。色々考えられそうやん!」

アイスで盛り上がつてます。(笑)

エコール大阪 日本料理

所さん、大迫さん!なぜか素敵な笑顔です!
目線の先には乙女心をくすぶる何かがありました。

何かは秘密ですが(笑)

エコール大阪 日本料理

楽しい郊外授業も終わり、外を見ると
菊正宗のハッピがあるやん!かっこいい、着てもいいですか?」
どうぞどうぞ

若い衆といった感じでとても似合っています。
記念撮影、カシャ!

エコール大阪 日本料理

最後は村田先生を囲んで記念撮影〜 こちらも、カシャ! 

「今日はいっぱい学んだね!」
「この辺りが灘吾郷なのか、じゃあ他にもいっぱい酒蔵あるよね。」
バイト先に酒を土産に買って帰るね。」

それぞれの感想あり。なんだかんだいって楽しかったよね。

村田先生ありがとうございました。