OSAKA

エスプレッソとラテアート!

在校生ブログ
辻カフェ&パティスリーマスターカレッジ

2019.06.10

カフェクラスからきらぼしです!
カフェクラスにおける他とは一味違う点
それはやはりドリンク!

このクラスに入るからには少しもドリンクに期待をしない人はいません...
では?実際ドリンクって何するの?
コーヒーとか紅茶あんまり好きじゃ無いなー

わかります、わかりますとも
なぜなら入学するまで両方ミルクと砂糖がじゃぶじゃぶ入ったような、言わばホットミルクばかり飲んでました...
別にそれでもいいんです、ドリンクは、言わば嗜好のモノ

ミルクと砂糖なしでしか飲んじゃいけないなんて誰も言わないし強制もされません...
それに実はすぐに慣れて、ストレートティーやブラックコーヒーを美味しいと思う人もちらほらいます
彼らがカッコつけてるのかはわかりませんけど(笑)

じゃあ、今回はコーヒーを紹介していきましょう、皆さんご存知カプチーノ!

これでも成功した方です...

(自分の中では)

カプチーノはミルクとエスプレッソを合わせた飲み物で、濃くて飲みにくい!と言う人にもおすすめ
フレーバーシロップや砂糖、キャラメル増し増しなんてのが好きな方も多いかも

ちなみにこの回が初めてのエスプレッソ回
もちろんカプチーノも実習では初挑戦...!
まあ、みんなオープンキャンパスでやってるので、そこそこできちゃったり、できちゃわなかったり...

カプチーノはエスプレッソから作られます
から、エスプレッソもご紹介

小さめのカップに濃いコーヒー
いい香りがするし、飲んでみたらフルーティー
苦いけど美味しいコーヒーです...
ここでコーヒーの抽出、についてのお勉強

コーヒーの抽出の方法で授業に出たのは
理科の実験器具のような見た目ですが、とても濃いコーヒーが出るサイフォン
基本的なドリップ
そして、紅茶でおなじみフレンチプレス
最後がエスプレッソです

エスプレッソはこの4つの中で特に早い、語源がエクスプレス、特急、と言うところから来ており、30秒で抽出できるとも

コーヒーって、濃い方が好き、味がはっきりする方が美味しい!と言う人も多いんですよね
コーヒーを濃く出すには...
時間をかけてじっくり抽出する
と言うのが常識、らしいですが...

基本的に4分〜、コーヒーはそれくらい時間をかけて抽出します
長ーくやればもっとかかるでしょうか

でも、エスプレッソって、30秒で抽出できるし、濃いんですよ、不思議なことに

それを解決してるのがエスプレッソマシンです
...写真はありません

まあ!オープンキャンパスで見てみてください!
ええ!すごいんですよ、彼は、物事には何でも圧力、がかかっています
そしてそれは気圧、と言う単位で表されます
では、手近なところで水道
あれから出るお水はジャーっと流しても2気圧です

だいたい察しがついてますよね
そう、エスプレッソマシンはコーヒーを抽出する際に強い気圧をかけて濃く、素早く出してるんです

では、何気圧?

答えはなんと9気圧!!
パンッパンに入った車のタイヤの空気くらいだそうです、そんな圧力ならひとたまりもない...
コーヒーの味ですら、諦めて抽出されるほかないでしょう...

そしてコーヒーの抽出のやり方を聴き、エスプレッソマシンの動かし方を識る
そして自分で抽出する!

自分で出したエスプレッソは、先生ほどとは言えませんがとても美味しい...?
かもしれませんね!

【プロフィール】
カフェ&パティスリーマスターカレッジよりきらぼしです
ブログは復習、そして理解を深めるために書いてます!
もし学生も見てるなら書いてみて!