tsuji 辻調グループ学校案内サイト 料理のチカラを学びとる

エコール 辻 大阪ブログ

のぞき見シリーズ フランス・イタリア料理マスターカレッジ

みなさん こんにちはexclamation

寒い日々が続いていますが、お元気ですかexclamation×2

さて今回の"のぞき見シリーズ"は、いよいよ卒業に向けて最後の実技試験をのぞき見しましょう。

■実技試験テーマ:

・Poulet sauté chasseur プレ・ソテ・シャスール(鶏の猟師風)

制限時間は片づけ込みで1時間です。

採点ポイント

①下処理: 鶏は骨に沿って切り込みを入れる。野菜の皮を向く

②基礎技術: みじんきり、薄切り、じゃがいものシャトー

③加熱: 鶏をソテすることで8~9割の火を通す

④段取り、正確性: 上記①~③の作業をする上での段取り、片づけ、衛生的な作業

⑤衛生:①~④の全てで衛生観念をもって作業できているか

⑥仕上がりの状態: 鶏の火通し具合、ソースの濃度、状態、熱さ等

それでは上記をふまえて"のぞき見しましょう"


試験説明が始まりました。みんな緊張している様子が伝わってきます。


鶏もも肉の下処理です。骨に沿って切り込みを入れています。


上:エシャロットという西洋野菜をみじん切りにしています。

中:シャンピニョン(マッシュルーム)を薄切りにしています。

下:じゃがいもをフットボール形に剥く、じゃがいものシャトーです。


上:鶏の皮目をじっくりと焼くことがポイントです。

下:じゃがいもは、塩ゆでにします。フランス語でキュイール・アラングレーズと言います。


上:鶏を取り出した鍋でエシャロットとシャンピニョンを炒めてソースのベースを作ります。

中:白ワイン、ソース・トマト、子牛の出し汁を加えてソースとし、鶏を戻して最後の火通しをかね熱々の状態にします。

下:塩、こしょう、バターで味を調え、香草を加えて完成です。さあ盛り付けです。

 制限時間以内にできたでしょうかハートたち(複数ハート)


上:自分の名前のところに提出です。

下:先生が採点していきます。


2皿盛り付けて自分の作ったものを試食です。

出来ばえはいかがですか?

試験は合格しましたか?

授業も残すところ2週間、卒業まで気を引き締めてガンバレexclamation×2 ファイトexclamation×2

いかがでしたか、昨年の4月に入学して、今はこのような料理が作れるようになりました。

ブログを見ている高校生も、入学したくなったのでは・・・?

エコール 辻 大阪 辻フランス・イタリア料理マスターカレッジでした。

それでは皆さん、さようなら手(パー)わーい(嬉しい顔)

資料請求

オープンキャンパス

出張相談会

  • Facebook 辻調グループ 公式アカウント
  • Twitter 辻調グループ校  公式アカウント
  • YouTube 辻調グループ 公式アカウント
  • Instagram 辻調グループ 公式アカウント