OSAKA

エコール 辻 大阪

ブログ

コロナに負けるな!分散しながら実習の巻2

辻カフェ&パティスリーマスターカレッジ

2021.09.24

大分コロナの感染者数も減っては来ましたが、油断は禁物!
エコール 辻 大阪では、まだ人数を半分に減らして授業を行っています。

今回は、クラスの半分は実習、もう半分はサービスの授業を受けています。
実習では西洋サクランボのタルトとアマンディーヌを作成。

ちょっと覗いてみましょう!

先ずは先生のハンズオン。
この実習の前に、理論で同じお菓子を習っています。 
前回の実習でも生地をのばす練習をしていますので、今回生地をのばすのは、復習になります。



前回の反省をふまえて、映像教材を見て予習もしているので、今日はちゃんとのばせるはず・・・。

前回の練習と、予習の成果❕
丸く均一な厚みにのびました。「ほっ!」
見てると簡単そうなんですが、これが中々手ごわくて・・・。
のばし終われば、一度冷蔵庫で生地を休ませます。

休ませた生地を型に敷き込みます。
これも前回より確実に上達しています。
色々な作業を通じて技術が身に付いてきているので、成長するスピードが一気に早くなっています。
う~ん。これは嬉しい!!
作業している本人が一番うれしいでしょうね。
こうやって毎日何かが出来るようになっていくのって、すごく楽しいですよね。


生地がサクサクになるように、あらかじめ生地を焼いてから、さくらんぼとクリームを詰めて焼きます。
周りの生地に、しっかりと色が付けば、重しを外して更に焼いていきます。



しっかり手順を考えながら、1人1台作成しました。
中にはシロップ煮のサクランボが入っています。
おいしそうに焼き上がりましたよ~。
仕上げに粉砂糖を振りかけて、箱に詰めれば完成です。
素朴なお菓子ですが、バターの風味とサクランボの酸味のきいた美味しいお菓子です。

お昼からは、甘い生地を使ってアマンディーヌを作ります。
今度は小さい型に敷き込んで行きます。これがまた難しい・・・。
少しずつ難易度が上がって行くようになっています。
午前の反省をふまえて午後からも負けずに頑張るぞー!

~プロフィール~
筒井 一夫
辻カフェ&パティスリーマスターカレッジ 
スイーツ授業(洋菓子)を担当しています。
大阪府出身

元々は食べる事が大好きで、その中でも甘い物が大好きだったので、
自分でも作ってみたいと思いこの学校に入学しました。
伝統的なお菓子から、皿盛り、チョコレート、アメ細工などなんでもやります。 
趣味は、バイクで美味しい物を食べに、色々な街に出かける事です。(今は自粛中ですが)
授業中以外は、学生と一緒に日々を楽しみたいと思っているおじさんです。