1. TOP
  2. 最新メディア情報

食の世界で活躍を続ける「食業人」の今をインタビュー形式でお届けするWebサイト"PROFESSIONs"。新しい記事が公開されました。今回ご紹介するのは、ル・ブルギニオン オーナーシェフの菊地美升(よしなる)さん。 『ブルゴーニュで感じた人の温かさ、料理やワインのおいしさ、楽しい時間の素晴らしさを再現。人が育ち、羽ばたいていくフランス料理店。』菊地美升さんがオーナーシェフを務める、東京・西麻布のフ

あまから手帖による料理人のためのウェブマガジン「WA・TO・BI」では、最新の調理技術、大切にされてきた古い仕事、生産者による食材紹介、日本の酒のこと、うつわの知識、雑学など、日本料理にまつわる旬の話題が日々更新されています。 ●WA・TO・BIhttps://www.watobi.jp/ 辻調はそのなかで、「日本料理のことば」を担当し、月に1度「へぇ~」と思える語源由来を紹介しています。 6月の

6月14日放送の「グレーテルのかまど」は、ご覧いただけましたか。グレーテルが残したメッセージは、「バテないようにね!」今宵ひもとくのは、「自転車乗りのパリ・ブレスト」です。夏のバカンスに先立ち、フランスで盛り上がるイベントが、ツール・ド・フランス。そして、この時期みんなが食べたくなるのが「パリ・ブレスト」です。このスイーツは、今から130年前に始まった世界最古の自転車レース、「パリ=ブレスト=パリ

6月7日放送の「グレーテルのかまど」は、いかがでしたか。さて、グレーテルが残したメッセージは、「世界を変える朝ごはん」今宵ひもとくのは、「渋沢栄一のオートミール」です。幕末に生まれ、明治、大正、昭和を駆け抜け、現代日本の礎を築いた渋沢栄一。日本を発展させ、国民を幸せにするために何をするべきか常に考え、何百もの企業や病院、学校などの設立に関わりました。そんな多忙を極める渋沢さんが好んで食べた朝食が、

6月1日(火)の毎日新聞(夕刊)に「美食地質学入門」が掲載されました。テーマ食材は「タコ」。▲おいしそうなメスダコサッカーの勝利チームを予測することで有名になったタコがいますが、他にも話題が豊富でいくつか挙げてみると、 ・タコも夢を見るようで、体色を変化させたり体の形を変えたりしながらレム睡眠をしているのでしょうか。(夢見るタコ) ・ビンの中に自分の好きなエサが入っていると、蓋を回し開けて食べると

カテゴリ

最近の投稿

過去の記事

ページの上部へ戻る